エコノミストの予想はなぜ当たらない?/GDP、まさかの下方修正

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 11:27
GDPは、1次速報(速報値)、2次速報(改定値)の順に内閣府から発表される。
7〜9月期のGDPは、11月17日に速報値、続いて12月8日に改定値が出された。

速報値が出る前の段階では、民間のエコノミストの多くがプラス2.4%程度と予測していた。

実際に発表となった数字は、正反対のマイナス1.6%。

プラスかマイナスかという根本的な部分でまったく逆の結果となってしまったことから、
市場では驚きの声が上がっている。

これは、今に始まったことではない。
正月元旦の経済学者の発表する指標など、その年の年末で、当たったという記憶が無い。
これほどまでに、景気、つまり経済の予測は難しい、ということなのだろう。

もしも、予測がつくのであれば、大金持ちになれるわけだから、当たり前ということになろうか

まじめにコツコツ本業だ。これこそ、振り回されない人生ということで、本質に目覚めよう。


出典:THE PAGE 12月9日(火)14時0分配信